Drupal4.6 | 5 イメージの表示

イメージアシストを使えば、イメージファイル(jpg, gif, png)を簡単にWebページに貼り付けるための管理を行える。

 

■Image と img_assist をダウンロードする

http://drupal.org/project/image

http://drupal.org/project/img_assist

tinymce のインストールを先にすませておく。組み合わせて使うようになっているので。

Image と img_assist をそれぞれバージョンがあったものをダウンロードして解凍する。

$ tar zxvf image-4.6.0.tar.gz
$ tar zxvf image-4.6.0.tar.gz

 

■Image と img_assist を設置する

解凍した image と img_assist を 両方ともmodulesディレクトリに置く。

$ mv img_assist modules/
$ mv image modules/

 

■image と img_assist と upload モジュールの3つを有効にする

管理 > モジュール > image にチェックして保存する。

管理 > モジュール > img_assist にチェックして保存する。

管理 > モジュール > upload にチェックして保存する。(これ、忘れずに!)

 

■img_assist と upload モジュールを自分が使えるようにする

管理 > アクセス権の管理 > image module にチェックして保存する。

管理 > アクセス権の管理 > img_assist module にチェックして保存する。

管理 > アクセス権の管理 > upload module にチェックして保存する。

 

■設定

管理 > 設定 > img_assist > Access img_assist

「on all textareas」 のラジオボタンをオンにして、とりあえずどんなページでも img_assistアイコンが表示されるようにする。

 

■imagesディレクトリを作る

イメージファイルの保存先となる images ディレクトリを作る。

$ mkdir files/images
$ chmod 777 files/images

drupal4.7では、勝手にimagesディレクトリを作ってくれた。

 

ディレクトリ名をimages以外にしたいときは、

管理 > 設定 > image

 

■クリックしたときにイメージを表示さたくないときは、

ノーマルの設定だと、イメージをクリックするとイメージのみ表示するようになっている。

管理 > 設定 > img_assist 

リンクのタグを消すよりもコメントアウトする方が後々便利。イメージをクリックして表示したいときにコメント部分を修正するだけで済む。

(変更前)

<div class="%image-class">
  <a xhref="%node-link"><img xsrc="%src" width="%width" height="%height" alt="%alt" /></a>
  <div class="caption">%caption</div>
</div>

(変更後)

<div class="%image-class">
<!-- a xhref="%node-link" --><img xsrc="%src" width="%width" height="%height" alt="%alt" /><!-- /a -->
<div class="caption">%caption</div>
</div>