Drupal4.6 | 2 Drupalの日本語環境の設定

英語メニューのまま使ってもかまわないが、日本語化ファイルを利用することでメニュー表示が日本語化されて見やすくなる。Drupalに慣れるまでは、日本語表示の方がわかりやすいと思う。日本語化された方々に感謝。

■日本語化する

日本語ファイルを用意して、それをアップロードすると、日本語が有効になる。 

ダウンロードする日本語ファイルは、drupalのサイト(米国)から。 Download と書いてある下の Translation をクリックし、ページ中ほどのJapanese translation を探してダウンロードする

。日本語サイトからダウンロードしようとすると、どのファイルを落とせばいいかよくわからんのでメモしておく。

http://drupal.jp/translations へ訪れて、

「旧サイトで公開されていた Drupal 4.6.2 翻訳ファイル」 をクリックしてダウンロードする。

旧サイトで公開されていた...と訳のわからん表記をしているので非常に分かりづらい。

今回の日本語ファイルは、ja-4.6.2.tar.gz という名前だった。手元のPCにダウンロードしたら、解凍しておく。(UTF-8のテキストファイルなので、中身を確認できる)

administer > modules > locales のEnabledにチェックを入れてSaveする。
administer > localization でimportタブをクリックする。
Import into: にJapaneseを選んでおく。
Drupal Japanサイトから落としてきた翻訳テキストファイルの ja.po をアップロードする。
JapaneseをEnabled, Defaultに設定する。