Drupal4.6 | 3 とりあえずページをつくってみる

初めてのページ作りは、欲張らずにテキトーに作るのがよい。失敗も気にしない。

■とりあえず、トップページをつくってみる

コンテンツの作成 > ストーリー

drupal | ストーリー

本文を入力して、送信ボタンを押す。

drupal | 本文を書く

保存後に表示されるURLが、いま作ったページのURLになる。

http://www.mydomain.com/?q=node/1

 

■トップページにメニューをつくる

管理 > モジュール > menu を有効にする。

管理 > メニュー > メニューの追加 (例:最初のメニュー)

間違えたときは、追加したメニューの編集をクリックで修正可能。

メニューアイテムの追加で、ページを指定する。

タイトル、パス、上位アイテムを指定する。

タイトル: とりあえず適当に。

パス: さっき作ったページ node/1 を指定。

上位アイテム: さっき作ったメニューを指定。これ大事。


drupal | create4

 
管理 > ブロック でMenuを有効にする。
これで、メニューが表示されるようになりました。パチパチ~。

■その他、おすすめ

サイト名を変更する。(おすすめというよりは、必須だな)

管理 > 名前 > 適当に変更する

 

クリーンURLを使う。(URLの中に?q=を表示させないのですっきりする)

管理 > クリーンURL > 有効

4.7のヒトは、General settings で、「Run Clean URL Test」 の文字をクリックしてから 「Enabled」 にする。

 

日付を日本にあわせる。(日本は標準時間から9時間進んだとこなので)

管理 > 日付設定 > +0900

 

ユーザは、管理者だけが作成する。

管理 > ユーザ > 設定 > ユーザ登録設定

 


drupal | create7

 

ついでにログインのフィールドを表示させなくしておく。(邪魔だもんね)

管理 > ブロック > ユーザログイン > 無効


drupal | create8


んじゃ、どうやってログインするかっつーと、
http://myhost/user/login
というようにアクセスすればよろし。ちゃんとログイン画面が表示されます。

■過去の静的ページをリンクする

管理 > テーマ > 設定
プライマリーリンク、セカンダリーリンクに静的URLを追加していく。

 

■ブログを使う

管理 > モジュール > blog を有効にする。

■その他

管理 > 設定
サイトの名前等を設定。クリーンURLも有効に。
デフォルトのフロントページを「node/1」に。
デフォルトのタイムゾーンを+0900に。
管理 > 入力フォーマット
Full HTML をデフォルトに選択。単なる好み。
管理 > モジュール
commentを無効に。投稿させない設定に。
pathをチェックして、URLの別名を可能に。
管理 > ユーザ
サイト管理者だけが新規ユーザアカウント作成を可能に。ビジターは見るだけ。

 

■投稿の日付を隠したいとき

管理 > テーマ > 設定
投稿情報の「ページ」「ストーリー」のチェックボックスを外す。