03. 引数を受け取る CmdLine.java

 

コマンドラインに指定した引数を取得して表示する。起動時に引数を受け取って処理したいときのため。

 

CmdLine.java

//
// CmdLine.java
//
// 使い方 java CmdLine (引数1) (引数2) ...
//

public class CmdLine {
public static void main( String[] args ) {
if( args.length <= 0 ){ // 引数のチェック
System.out.println( "引数がありません!" );
} else {
System.out.print( "引数は" );
System.out.print( args.length );
System.out.println( "個です。" );

for( int i = 0 ; i < args.length ; i++ ) {
System.out.println( " ¥"" + args[i] + "¥"" );
}
}
}
}

 

コンパイル

% javac CmdLine.java 

 

 実行

% java CmdLine a b c
引数は3個です。
"a"
"b"
"c"

 

 ポイント

  • 引数は、半角スペースで区切る。
  • 引数は Stringオブジェクトとして、配列argsに入れられる。
  • args.length で、配列の長さを知る。
  • args[0] で最初の引数を取り出せる。args[1] で2番目の引数を取り出せる。