05. ファイルの読み込み RFile.java

プログラムは人間同様、食べる、消化、出す。というような流れになる。今回は、食べるの部分。ファイルを食べて、そのまま出すというプログラム。

 

RFile.java

 //
// RFile.java
//
// ファイルの内容を表示する
//
// 使い方 java RFile (ファイル名)
//

import java.io.*;

public class RFile {
public static void main( String[] args ) {

byte[] buff = new byte[4096]; // バッファ定義
boolean bStop = false; // 終了判断フラグ
FileInputStream inFile = null; // ファイル読取用オブジェクト

// ファイル名を指定していなかったら終了する
if ( args.length <= 0 ) {
System.out.println( "ファイル名を指定してください!" ) ;
System.exit( 1 ) ;
}

// ファイルを準備する
try {
inFile = new FileInputStream( args[0] ) ;
} catch( Exception e ) {
System.err.print( "ファイル[" ) ;
System.err.print( args[0] );
System.err.print( "]を開く事ができません!" );
System.exit( 1 );
}

// ファイルを読み込んで表示する
while ( !bStop ) {
try {
int n = inFile.read( buff ) ; // 読み込む
System.out.write( buff, 0, n ) ; // 表示する
} catch( Exception e ) {
bStop = true ; // ループ終了
}
}

// ファイルを閉じる
try {
inFile.close() ;
} catch( Exception e ) {
System.err.println( "ファイルを閉じることができません!" ) ;
System.exit( 1 ) ;
}
}
}

 

コンパイル

 $ javac RFile.java

 

実行

$ java RFile Sample.txt 
こんにちは。
サンプルのテキストです。
改行コードは、LFにしています。

 

 ポイント

  •  Sample.txtの文字コードはShift_JIS、改行コードはLF にする。(読みやすくするため)
  • readメソッドでファイルを読み込んだら、その長さをn(バイト)に格納する。
  • nに -1 が渡されると、ファイルの終了に達したことになる。
  • System.our.write( buff, 0, n ); はbuffの内容を先頭からnバイト分を出力する。
  • バッファは、4096に指定しているが、他の値でも試してみる。