AptanaでCakePHP用に設定する

CakePHPの開発用にAptanaを設定する。

 

■*.ctpや*.thtmlの拡張子をAptanaでPHPファイルとして認識させる

1. Window > Preferences を選んでPreferencesパネルを表示する。

2. General > Content Types を選んでContent Typesを表示する。

3. Text > PHP Source File を選ぶとFile assoceations:の欄に*.phpが表示される。

4. Add...ボタンを押して、*.ctpと*.hthmlを追加する。

 

■Aptanaにスニペットを登録する(下準備)

プロジェクトフォルダ内にsnippetsというフォルダを用意することがポイント。

 

プロジェクトを作っていない場合は、作成しておくこと。

1. File > New > Project... で、プロジェクトを作成する。

2. General > Project を選択して、Next> ボタンをクリックする。 

3. 既にCake等のフォルダを作ってある場合は、Use default locationのチェックを外し、Browse...ボタンでCakeフォルダの一つ上のフォルダを指定する。

4. Project name: 欄にCakeと入力する。

 

例:

/home/tanaka/web/Cake が既に存在している場合のプロジェクトの指定

Project name: Cake

Location:   /home/tanaka/web

となる。

 

■Aptanaにスニペットを登録する(その1) 

1. Aptana内のプロジェクトフォルダ「Cake」を右クリックして、snippetsという名前のフォルダを作成する。

2. snippetsフォルダを右クリックして、フォルダ内に test.html という名前でファイルを作成する。 

3. test.htmlファイルに記述されている文字を全て削除する。

4. test.html内に次のように 1行目から記述する。

<!--
category: HTML
name: Test
toolTip: Test
-->
スニペットの練習です。
ここは2行目です。

 

■Aptanaにスニペット登録する(その2)

1. Window > Show View > Snippets を選択する。

2. Snippetsウィンドウ内のHTMLフォルダを開けると、Testという名前でスニペットが登録されていることが分かる。

3. 適当なファイルを開いて、挿入場所を適当にカーソルを置いて、Testスニペットをダブルクリックする。

4. 「スニペットの練習です。ここは2行目です。」と挿入されればOK。

 

■Aptanaにスニペットを登録する(PHP用)

このようにCategoryの記述をPHPに書き換えればOK。

<!--
category: PHP
name: Test
toolTip: Test
-->
スニペットの練習です。
ここは2行目です。

記述を変更して保存した瞬間に、Snippetsリスト内にPHPというフォルダができる。

PHP用でしか使えないという訳ではない。

CakePHPというcategory名にすれば使いやすい、というように分類したいときに役立つ。

 

■Aptanaにスニペットを登録する(簡単に記述したい)

簡単に作るためのスニペットを利用する。 

Snipptes内の Snippet Templates から HTML Snippet Template を選んでダブルクリックする。 

name欄にTestと入力すれば、上記のスニペットのコメント部分を自動で作ってくれる。