Apacheの設定

サーバの引っ越しや、知り合いのWebサーバの設定等でhttpd.confを設定する機会が結構多いのでメモしておくことにした。

 

■ApacheとApache2とHelixを共存させるためのIPアドレス指定

 Apache1.3系と2系を同時に動かすことや、Helixストリーミングサーバで80番ポートを使用することがある。80番ポートを複数のアプリケーションで使用する場合に必須な設定。

<欲しい結果>

10.164.15.170  Apache1.3で使いたい

10.164.15.171  Apache1.3で使いたい

10.164.15.172  Apache2で使いたい

10.164.15.173  Helixで使いたい

 

Apache1.3のhttpd.confを以下のように設定する。 

 <設定1> Listen記述サンプルの後ろに追加する。

#Listen 3000
#Listen 12.34.56.78:80

# 2006.06.01 SASAKI
Listen 10.164.15.170:80
Listen 10.164.15.171:80
# Listen 10.164.15.172:80 Apache2
# Listen 10.164.15.173:80 Helix 

 

 <設定2> 全IPアドレスを対象とする80番ポートは無効にする。

# 2006.06.01 SASAKI comment out
# Port 80

 

 

■バーチャルホストを設定する

名前ベースではなく、IPベースのバーチャルホストの場合の設定。

<欲しい結果>

http://www.example.com/でアクセスしたときに10.164.15.170のサーバからレスポンスがある。

 

<設定> 

httpd.confの一番最後のに追加する。 

# NameVirtualHost 10.164.15.170:80
<VirtualHost 10.164.15.170:80>
ServerName www.example.com
ServerAdmin webmaster@www.example.com
DocumentRoot /export/home/www/public_html
<Directory "/export/home/www/public_html">
Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
</Directory>
ScriptAlias /cgi-bin/ /export/home/www/cgi-bin/
ErrorLog /export/home/www/logs/error_log
ScriptLog /export/home/www/logs/script_log
CustomLog /export/home/www/logs/access_log common
</VirtualHost>

 

バーチャルホストの名前が決まっていないが、とりあえずバーチャルホストの設定をしておきたい場合。

サーバ名のところにIPアドレスを記述しておく。 

ServerName 10.164.15.1700