Solaris Apache1.3のインストール

Solarisに附属しているプリインストール版のApacheではなく、自分でコンパイルしたApacheを用意することにした。

Apacheのバージョン管理を自分でできるためと、SiteTrackerのmod_sane.cを入れたいため。

 

■ダウンロードしたapacheを解凍しインストールする

$ ./configure --enable-module=most --enable-shared=max --add-module=/tmp/mod_sane.c  
$ make
# make install

 

■Apacheを起動する

$ /usr/local/apache/bin/apachectl start

 

■設定ファイルhttpd.confを変更する

/usr/local/apache/conf/httpd.conf を環境にあわせて編集する。

設定が間違えていないかをチェックしておく。

# /usr/local/apache/bin/httpd -t
Syntax OK

 

■Apacheがサーバマシン再起動時に自動起動するようにしておく

プリインストールのApache起動スクリプトをバックアップしておく。 

# cd /etc/init.d/
# mv apache apache.Sun

続けてapachectlのシンボリックリンクを作成する。

# ln -s /usr/local/apache/bin/apachectl apache 
# cd /etc/rc3.d/
# ln -s /etc/init.d/apache S50apache
# cd /etc/rc0.d/
# mv K16apache _K16apache
# ln -s /etc/init.d/apache K16apache
# cd /etc/rc1.d/
# mv K16apache _K16apache
# ln -s /etc/init.d/apache K16apache
# cd /etc/rc2.d/
# mv K16apache _K16apache
# ln -s /etc/init.d/apache K16apache
# cd /etc/rcS.d/
# mv K16apache _K16apache
# ln -s /etc/init.d/apache K16apache