Solarisにrsyncをインストール

今回は、パッケージからインストールした。

2年前の6/06(2006年6月)のコンパニオンCDがあったので、それを使った。

 

■既にインストールされているパッケージを確認する

rsyncパッケージが、現在のマシンにインストールされていないことを確認する。

$ pkginfo | grep rsync 

 

■rsyncパッケージをサーバへ転送するインストールする

コンパニオンCDの中のSFWrsyncをディレクトリごとftpでサーバへ転送する。

Solaris_Software_Companion/Solaris_i386/Packeges/SFWrsync/*

(適当なユーザのホームディレクトリへ持っていった)

 

ftpでサーバに送ったSFWrsyncの中身は、2つのファイルと3つのディレクトリ。

$ ls -F SFWrsync
archive/ install/ pkginfo pkgmap reloc/ 

 

■sryncパッケージをインストールする 

ルートユーザになって、インストールする。SFWrsyncが置いてあるディレクトリで作業する。

# pkgadd `pwd` SFWrsync
Processing package instance <SFWrsync> from </export/home/towns/Packages>
(長いので省略...)
Using </opt> as the package base directory.
(省略)
Do you want to continue with the installation of <SFWrsync> [y,n,?] y

メッセージが表示されて、y を入力すれば、インストールされる。

インストールされたrsyncの場所。

/opt/sfw/bin/rsync 

 

■rsyncパッケージを確認する

バージョンを確認すると 2.6.3.1だった。インストール先は、/optの下になることも分かる。

$ pkginfo -l SFWrsync
PKGINST: SFWrsync
NAME: rsync - A faster, flexible replacement for rcp
CATEGORY: system
ARCH: i386
VERSION: 2.6.3.1,REV=2006.03.26.16.24
BASEDIR: /opt
VENDOR: rsync.samba.org
DESC: rsync - A faster, flexible replacement for rcp
PSTAMP: freeware20060326163843
INSTDATE: Sep 03 2008 05:18
HOTLINE: Please contact the owners of this software
STATUS: completely installed
FILES: 10 installed pathnames
6 directories
1 executables
602 blocks used (approx)