Solarisにrubyをインストール

Solaris10にrubyをインストール。

 

■ソースをダウンロードする

http://www.ruby-lang.org/ja/downloads/

 

■インストールする

$ tar zxvf ruby-1.8.6-p36.tar.gz 
$ cd ruby-1.8.6-p36
$ ./configure
$ make
$ su
# /usr/local/bin/make install

 

 ■rubyの動作を確認する

$ /usr/local/bin/ruby -v
ruby 1.8.6 (2007-06-07 patchlevel 36) [sparc-solaris2.10]

 

■メモ: x86 Fire X4400にインストール時にエラー発生

Solaris 10が動いているX4400にインストールしようとしたらmake時にエラーが発生した。

rubyのバージョンは、ruby-1.8.7-p72 

./configure makeしたときに最後にエラーメッセージが...。 

make[1]: *** [../../.ext/i386-solaris2.10/zlib.so] Error 1
make[1]: Leaving directory `/usr/local/src/ruby-1.8.7-p72/ext/zlib'
make: *** [all] Error 1 

で、configureの方法を変更。

$ ./configure --with-dln-a-out 

続けて、make すると最後にこのメッセージ。Error 127だけど、ignoreってことは無視ということなので、素直に受け入れることにした。

$ make

(省略)

make[1]: Entering directory `/usr/local/src/ruby-1.8.7-p72/ext/zlib'
o ../../.ext/i386-solaris2.10/zlib.so zlib.o -L. -L../.. -L. -lz -ldl -lcrypt -lm -lc
make[1]: o: Command not found
make[1]: [../../.ext/i386-solaris2.10/zlib.so] Error 127 (ignored)
make[1]: Leaving directory `/usr/local/src/ruby-1.8.7-p72/ext/zlib'
making ruby
make[1]: Entering directory `/usr/local/src/ruby-1.8.7-p72'
gcc -g -O2 -DRUBY_EXPORT -L. main.o -lruby-static -ldl -lcrypt -lm -o ruby
make[1]: Leaving directory `/usr/local/src/ruby-1.8.7-p72' 

そして、make install を実行したらインストールできました。

# make install

バージョンの確認。

# ruby -v
ruby 1.8.7 (2008-08-11 patchlevel 72) [i386-solaris2.10]

 

zlib-1.2.3 をインストールしてあるんだけどな。。。

まぁ、Sunfreeware.comやコンパニオンCDっていう手もありか。

http://www.sunfreeware.com/ 

 

参考ページ

http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-list/26

http://ja.wikipedia.org/wiki/ライブラリ