5. MySQLをインストールする

まだまだ、下準備の段階。データベースをインストールしておく。

MySQL 4.1を利用する。(4.1.18というバージョンでした)

 

■ダウンロードする

今は、Mac OS X 10.4 (PowerPC, 64-bit)用 というようにdmg形式でバイナリが用意されているんですな。ラクチンだね。

http://dev.mysql.com/downloads/mysql/4.1.html

ここにStandard版、Max版、Debug版があり、Standard版をダウンロードする。

 

■インストールする

ダウンロードした、mysql-standard-4.1.18-apple-darwin8.2.0-powerpc-64bit.dmg をダブルクリックしてイメージをマウントする。 


mysql | インストール1


 

 mysql-standard-4.1.18 をダブルクリックしてインストールを開始する。

 


mysql | インストール2


 

 素直に続ける。

 


mysql | インストール3


 

 そして続ける。

 


mysql | インストール4


 

さらに続ける。でインストール完了。

同様に、MySQLStartupItem.pkg もインストールしておく。

 


mysql | インストール5


 

 MySQL.prefPane もダブルクリックしてインストールしておきましょ。

 システム環境設定から簡単に、MySQLをスタート、ストップできますんで。

 


mysql | インストール6


 
 

Start MySQL Server ボタンをクリックしてスタートさせる。

 

■動作確認する

psコマンドか、アクティビティモニタでMySQLがサーバとして動作しているか確認する。

 


mysql | インストール8


 

 

■接続してみる

ターミナルを起動して、クライアント接続してみる。 

rootユーザ、パスワードは無し、でログインする。

% /usr/local/mysql/bin/mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 232 to server version: 4.1.18-standard

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql>
mysql> show databases;
+----------+
| Database |
+----------+
| mysql    |
| test     |
+----------+
2 rows in set (0.06 sec)

mysql> 

はい、無事に接続できました。

show database; で、初期のデータベースも表示されますな。

exit; で終了しておきましょう。 

 

MySQLの管理者用アカウントrootのパスワードが、無しという状態が気になる人はパスワード設定すればいいんだけど、開発用にMacを使うのでいらないっす。面倒っす。

もちろん、運用マシンにはパスワード設定しときましょ。

 

 


 

以下、補足。

  

■パスワード設定する?

root用パスワード設定したいときはこのように2つのコマンドで設定。2行目は、ホストネームを指定しているんですな。

/usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password <password>
/usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root -h `hostname` password <password>

 

■ターミナルをよく使う? 

ターミナルをよく使うのであれば、毎回/usr/local/mysql/bin/mysql と入力するのは面倒なのが人情。

% cd ←ホームディレクトリに移動する。
% vi .tcshrc ←.tcshrcを編集する。

 以下のように一行追加する。

set path=(/usr/Local/bin $path)
set path=(/usr/Local/mysql/bin $path) ←追加する。

 別のターミナルを起動して、mysql だけ入力して起動すればOK。

 

■自動起動をオフにする?

システム環境設定のMySQLで設定する。

あるいはターミナルで /etc/hostconfig を編集して、MYSQLCOM=-YES- をNOにする。

 

Macをサーバとして利用していて、遠隔操作するときはターミナルでコントロールする方が楽だもんなー。

 

■参考サイト

http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/mac-os-x-installation.html