ビデオ撮影初級コースを受講した5


■撮影の流れ

1企画 2撮影 3編集

■企画が大事

企画(誰が、何を、どう伝えるか?)、構成(骨組み)、台本作成、撮影準備(ロケハン、お金の計算)

■撮影の必須道具

カメラ、外部マイク、イヤホン、三脚、(ライト、レフ版、ガムテープ、軍手)
イヤホンはノイズをチェックする。ノイズ源がそばにあったり、接触ノイズがあったりするのでレベルメーターだけに頼らない。

■撮影の準備

ホワイトバランス、ブラックバランス、ズームしてピントを合わせる(ピン出し)。

■重要:4点チェック

フレームの四隅に余分なものが映っていないか、反対に見せたい物が映っているかどうかを確認する。これ重要。理論は簡単でも実践で忘れてしまう。場の雰囲気に飲み込まれてしまうから。何度も練習して身につける。

■編集

アッセンブル編集、インサート編集がある。

■カットバック編集

男、女、男、女、男、女とつなげる。

■アクションつなぎ

男と女をひいて撮る。女がひっぱたく瞬間にズームインした画面に切りかえる。

■イマジナリーライン

男と女の顔の場合、今しゃべっている方の顔を映す。

■スーパーインポーズ、地図や絵、文字などを入れる

 

■SE、ME

サウンドエフェクト、ミュージックエフェクトを入れる。エンディング等の雰囲気を出したりする。