SiteTracker7でセグメント例外エラー

MiracleLinux2.1から、Intel Solaris 10へSiteTracker7を引っ越した。ところが、どっこいプロファイルの更新を行うと、エラー発生。

「SiteTrackerから応答がありません」

だとさ。コマンドラインでプロファイルの更新を行うと、

   Importing /home2/log_www/ALL/access_20050604 (NCSA Common / Combined)...
79%
        Importing 2005N 6
                         ..
        79% 79%
    Importing /home2/log_www/ALL/access_20050605 (NCSA Common / Combined)...


        Importing 2005N 6
                         ..
        79% 79%
    Importing /home2/log_www/ALL/access_20050606 (NCSA Common / Combined)...

        Importing 2005N 6
                         ..
        79% 79% 79% 79% 79% 79% セグメント例外 (core dumped)
bash-3.00#

 

と、コアダンプまでしてくれます。

この問題のある2005年6月6日のログをのぞいてびつくり。

すっごい長い一行を発見! 。。。( ̄▽ ̄;)y-~

 

< 192.203.134.32 - - [06/Jun/2005:23:57:36 +0900] "GET /http-2.AAAAAAAAAAAAAA 延々と続く AAAAAAAAAAAAAAAAAA" 414 341 "-" "-"

 

8179文字も「A」が続いてた。_| ̄|○

MiracleLinux2.1で、ちゃんと動いてたのになー。

 

192.203.134.32のアクセスしている記録を捨てる

$ cat access_20050606 | wc -l
   30375
$ cat access_20050606 | grep 192.203.134.32 | wc -l
    2109
$ cat access_20050606 | grep -v 192.203.134.32 | wc -l
   28266
$ cat access_20050606 | grep -v 192.203.134.32 > access_20050606.NEW

プロファイルの更新

# ./nettracker myProfile -abort
# ./nettracker myProfile -clear
# ./nettracker myProfile -reindex
# ./nettracker myProfile -update

  

■それでもエラー、そして解決

6月6日のログファイルは、きれいにしたのに6月6日のファイルでやはりとまってしまう。次の原因は6月7日のログにも発見された。どうも6月7日のログを読み込み始めたところでエラーを起こすのだが、シェル上ではその状態を表示する前に、サイトトラッカーがお亡くなりになってしまうようだ。うーん、てこずったぜい。