Solaris 複数IPアドレスの追加・変更(ネットワーク関連の設定)

Solarisで複数IPアドレスの追加・変更を行う。

 

■ネットワークインターフェースの名前を調べる

ifconfigコマンドを使ってSun Fire V240のネットワークインターフェースの状態を調べる。 

$ ifconfig -a
lo0: flags=1000849<UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 8232 index 1
inet 127.0.0.1 netmask ff000000
bge0: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 2
inet 10.164.15.11 netmask ffffff80 broadcast 10.164.15.127

インターフェース名: bge0

ということが分かる。 また、netstat -r でルーティングテーブルを表示させてもインターフェース名が分かる。

 

■(参考)X4600のSolaris10のネットワークインターフェースの名前を調べる

Sun Fire X4600を調べてみた。

# ifconfig -a
lo0: flags=2001000849<UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST,IPv4,VIRTUAL> mtu 8232 index 1
inet 127.0.0.1 netmask ff000000
aggr4001: flags=201000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4,CoS> mtu 1500 index 3
inet 192.9.230.62 netmask ffffff00 broadcast 192.9.230.255
ether 0:14:4f:d1:bf:6c
aggr5001: flags=201000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4,CoS> mtu 1500 index 4
inet 192.9.240.73 netmask ffffff00 broadcast 192.9.240.255
ether 0:14:4f:d1:bf:6c
aggr126001: flags=201000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4,CoS> mtu 1500 index 2
inet 10.2.126.70 netmask ffffff00 broadcast 10.2.126.255
ether 0:14:4f:d1:bf:6c

-a と plumb オプションを同時に使用して調べてみる。 

# ifconfig -a plumb
ifconfig: SIOCSLIFNAME for ip: e1000g0: Device busy

Solaris10から使えるようになった/sbin/dladmコマンドの例。 

# dladm show-link
e1000g0 type: non-vlan mtu: 1500 device: e1000g0
e1000g1 type: non-vlan mtu: 1500 device: e1000g1
e1000g2 type: non-vlan mtu: 1500 device: e1000g2
e1000g3 type: non-vlan mtu: 1500 device: e1000g3
aggr1 type: non-vlan mtu: 1500 aggregation: key 1

# dladm show-aggr
key: 1 (0x0001) policy: L3 address: 0:14:4f:d1:bf:6c (auto)
device address speed duplex link state
e1000g0 0:14:4f:d1:bf:6c 1000 Mbps full up attached
e1000g1 0:14:4f:d1:bf:6d 1000 Mbps full up attached

# dladm show-dev
e1000g0 link: up speed: 1000 Mbps duplex: full
e1000g1 link: up speed: 1000 Mbps duplex: full
e1000g2 link: unknown speed: 0 Mbps duplex: half
e1000g3 link: unknown speed: 0 Mbps duplex: half

参考:リンク集積の概要

http://docs.sun.com/app/docs/doc/819-0380/fpjvl?l=ja&a=view 

 

■ホスト名を追加する

上で調べたインターフェース bge0 に相当するファイルを追加したいIPアドレス(ホスト)の数だけコピーする。

# ls /etc/hostname*
/etc/hostname.bge0  (このファイルをコピーして増やす)

# cd /etc/
# cp hostname.bge0 hostname.bge0:1
# cp hostname.bge0 hostname.bge0:2
# cp hostname.bge0 hostname.bge0:3

 

ホスト名の例 

$ cat /etc/hostname.bge0:1
www.example.com

 というように増やして、ホスト名を書き換えておく。

 

■/etc/hosts

上で、追加したホスト名のIPアドレスを記述する。

127.0.0.1       localhost       
10.197.26.28    www www.mydomain.com    loghost
10.197.26.24    www2 www2.mydomain.com
10.197.26.29    www.example.com
203.216.247.225 www.yahoo.co.jp


■再起動して有効にする

# /usr/sbin/shutdown -y -i6 -g0 

-i0  停止

-i6  再起動  (-i0は停止)

-g0  0秒後に

 

■再起動せずに有効にしたい場合

ネットワークインターフェースを起動する。 

# ifconfig   /etc/hostname.iprb0:1 up

 ネットワークインターフェースを再起動する。

# ifconfig  /etc/hostname.iprb0:1 down ; ifconfig   /etc/hostname.iprb0:1 up

状態を確認する。 

# ifconfig -a

 

■インターフェースを無効にしたい場合

iprb0:1 を無効にする。

# ifconfig iprb0:1 0 down 

 

■/etc/nodename(ホスト名)

  bdtowns8 

■/etc/resolv.conf

domain mydomain.com 
nameserver 172.16.164.33
search mydomain.com

■/etc/netmasks(ルータの場合、複数行)

  10.197.26.0     255.255.255.0 

■/etc/defaultrouter(デフォルトルート)

  10.197.26.1 

■/etc/nsswitch.conf と /etc/nsswitch.dns

  hosts:  files dns  

編集後、/etc/init.d/nscdを再起動する。

#/etc/init.d/nscd stop
#/etc/init.d/nscd start